上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の震災のニュースで、





だんだん治安が悪くなっているとの報道をみました。






あれから2週間。





仮設住宅が建ってきてるとはいえ、そこに入れるかどうかも抽選・・・・





想像を絶するストレスとの戦い何でしょう。





人間だけではない・・・・そこにいるワンコやニャンコたちも・・・・。






今朝の新聞をみて、言葉もでませんでした。





「愛犬と暮らしたいけれど・・・・」


そんな切ない見出しから始まり、
そこに書いてあることは、




避難所内で苦情を受け困惑・・・・。



そうですよね。
すべての助かったワンコたちがみんな避難所で飼い主と・・・なんてわけにはいかないんですよね。
動物アレルギーの赤ちゃんもいれば、喘息をもつ人も少なくはないはず・・・・




ある方は、愛犬のボーダーコリーの「バロンちゃん」とともに避難所の駐車場で寝泊りしているそうです。
ほかの避難者の方に、迷惑がかからないように・・・・


わずかな配給品のパンやおにぎりを分け合って食べているのだそうです。







でも、最後に書いてあった文は、
仙台市獣医師会の方たちが、市内の動物病院で被災者が飼えなくなったワンコやニャンコを預かっているほか、
迷子のワンコやニャンコ40匹を預かってくれているそうです。


民間による支援も広がっているそうで、


「犬猫、みなしご救援隊」
の方たちが5匹ずつ連れて帰るなどしてくれているそうです。













こんなことをブログに書くことしかできない・・・・
自分に何ができるだろうと思うだけで、何も動けないママさんですが・・・


ただ,ただ心配で、

お腹をみたしてあげたいとか、

抱っこして「怖くないよ」って抱きしめてあげたいとか・・・・

ただただ、1匹でも多くの動物たちが、せめて怯えなくなるまで・・・・
















すこし切手代は掛かりますが、署名を届けてもらって、ペット同伴の避難所、仮設住宅が確保できますように・・

『ポチたまの松本秀樹さんからの署名のお願い』←(クリックしてください

たくさんの署名が集まりますように・・・・



にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ

Secret

TrackBackURL
→http://kureatoluvmama.blog5.fc2.com/tb.php/292-b16b0e1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。